沼じゃないんだよ宙なんだよ…They武道からの…宇宙Six

溺れるように………そしてフワフワ宙を舞う………ジャニーズJr.や宇宙Sixや林くんのことひとりごと

劇ラヂ2016に参加しての私的感想などなど

ややや。行ってきました。劇ラヂ2016

当選メールきてから6日目…10/30

 

午前中から所用を済ませ、バタバタと一緒に入る友達とランチの待ち合わせ時間。もう友達に会った瞬間に、ほんと当たったの信じられないねともう夢のような会話。

久しぶりに林くんに会えることも相まって、もうテンション高くなっちゃって。

 

結局色々話せるじゃんとファミレスにしたんだけど、テーブルに読売新聞が置いてあったんだけど、そこに載ってました!劇ラヂの林くんのお名前!!!f:id:hnk2994:20161031002456j:image

いや〜新聞に林くんのお名前載るとか…嬉しすぎて…

それも最初に載ってるし…佐々木小次郎だものね!!!

 

もうランチは胸いっぱいといいつつ、がっつり頂きましたよw

トイレでお化粧直しもし、いざ参らん!

 

いやいや…NHKからそんなに遠くないファミレス。でも向かう道、ハロウィン🎃だからとわざわざ原宿方面から行ったけど、そんなに道も混まずに行けました。結構スムーズに!

 

f:id:hnk2994:20161031012707j:imageまあ着いたのが14:30前頃。集合は15時だったから、余裕持ってきたつもりだったけど、もう相当な数の方が並ばれていました。でも一応最初のブロックの方で並べて。

 

並ぶとすぐにスタッフさんから名前の確認。同行者も。しかし特に身分証明書などの提示はなく、すんなり受付終了。それとともにパスを渡されそれに整理番号が書いてありました。f:id:hnk2994:20161031003035j:image

その順に並ばされて、待つこと30分。いやいや寒かった。。。ほぼ女性の中に、男性もちらほらなんだけど、男性は比較的年齢層高めの方達が多かったように思いました。2部が奥菜恵さんも出るからそちらの方のファンなのかは不明だけど。

 

15時になりやっと入場。50番ずつ中に誘導される感じ。会場は5階のスタジオでした。

スタジオと言っても、やや広めの小ホールというか、小体育館と言うか。フラットなんだけど、ステージはそんな奥行きないけど2段式になってて。アナウンサーの方も言っていたように、天井は確かに高かった。

スタジオの3分の2ほどにパイプ椅子が並べられてて、番号順に入って好きなお席を取る方式。

下手には司会者の台が置いてあり、マイクや台本が載っていました。

至る所にマイクが立っていて、観客席の声や拍手も拾えるようになってました。

 

もちろんステージにも7本のマイクスタンドと、脚の長い黒丸椅子も置いてありました。

上手に音響をアナログ式にやるスペースを設けてありました。

 

まぁ最初のブロックで入場できたから、やや前の方に座れるかな?と思ったら、なんとものすごいお席が空いていて…友達とも、入るなら前よ!前狙お!って話してたから、前に…と思ったけど、想像以上に前で…というか、ストレスフリーなお席を陣取ることができました( ;∀;)ヤバい…近い……って。まぁ司会者席も目の前で…。

 

時間になるまで入場やトイレを済ませたらなどしている間中、林さんという盛り上げ役さん(ADさんなのかな?)がまぁ面白くお客さんをいじって盛り上げてしていました。笑いもあり、ギリギリまでケータイもいじれて。15:50になったら、電源切ってとのお声がかかり。ラジオだし、音響に影響するから、マナーモードも機内モードも一切ダメ。電源を切ってくださいと。

 

いつもの舞台観劇はそう言ってても鳴っちゃったりするもんだけど、さすがに生のラジオ放送。バイブ音も何ももちろん生放送中は聞こえませんでした。みんなちゃんと電源切ってたのね!

 

って言ってると、いよいよ林くんたち入場。林くんは1番最後の入場でした。まだかな…まだかなと見てたらやっと!!!入ってきた時は飄々と見えたけど、いやいやお口が渇くのか、しきりにお口の中で、ベロで上前歯をぐるっとしているのを何回か見て。ええ…こんな事する林くん初めてなんですが…と…。

緊張で口が渇いて、歯に唇が張り付く感じな時にやる仕草…それよね…

絶対に超緊張してたはず…でももちろん表情にはそれほど出ていなくて。いつもの林くん。

 

高田くんと緊張するねって話してたそうで。

緊張してたのよね。絶対にwww

 

佐々木小次郎役の林翔太ですって言うのもサラッと言っちゃって。緊張しないタイプと言ってる林くんだから、ほんと現場始まったりすると、難なくこなせるんだろうな…そんなところも凄いわ ❤️

 

服装はツイしたのそのまんまで。

『劇ラヂ林くん
髪の毛トップだけちょっとクルッとしてたけど多分ノーセット。やや伸びてた。
黒ジャケット開けてて中は赤茶系のチェックネルシャツ。ノンウォッシュの濃紺デニムにサイドゴア黒ブーツ』

 

こんなオシャンティな格好で出てくるんだもん、もうノックアウトよね…私服ーー!!!

たまらんやつでしたよ…ブーツがこれまたかっこいいんだわ…どこのブーツ?と聞きたくなったwww

ブーツはジーンズを上から被せて。いやいやかっこいいんだよ…ほんと。赤茶系の暗めネルシャツも秋っぽくて凄く素敵。髪の毛は、トップはちょっとボリュームあるけど、耳後ろあたりからちょいタイトな感じで、前髪からサイドは繋がる感じに揃ってて。もうとにかく多分セットしてないよね?って自然な感じ。嗚呼( ;∀;)かわいい…って思わず声が漏れたよ。

 

ほんとに私服がたまらんくらいかっこ良くて、お顔は痩せたままというか、歌舞伎の時から変わってないね。すごく小顔。へたすりゃ女性キャストさんよりも小顔?と思わずにはいられませんでした。。。

 

 

 なのに話すともう声が通るし。

ラジオで声のお仕事ってことで、本番に100%の声のコンディションぶつけてきたね。相当気を使って喉のケアしてたんだろうな…と思わずにはいられないくらい、声いい感じだった…

そんな仕事人の所も好き ❤️

 

始まる前に劇ラヂに寄せられたコメント読まれたけど、8月に行ったアンダースタディってコメントで、私聞いた瞬間、えええ???今8月って言ったよね???と内心動揺したんだけど、林くん高田くんは一瞬え?って、なったかな?ならないかな?ってくらいにそれほど表情も変わらないくらいで、コメントにチェック入らないんだな…本人たちにはコメント事前には知らされないんだなって思ったよ…

 

 

 

いよいよ始まると声の凄さに圧倒されながらも、見るのに必死で、なんかいつもの舞台よりも、なんか逆に忙しかった…耳でも聞きたいし、でも目は林くんを片時も見逃したくない。

ほんと頭フル回転だよ。

 

セリフ言う時はマイクに向かってまっすぐな時もあるんだけど、右口角をやや近づける話し方でセリフを言うことが多いように感じた。

台本を手に持って立って読んでるから、セリフがない時は下向いて台本を読むんだけど、その目を伏せた姿も超絶イケメンで…チラチラ台本が見える場所だったけど、台本に書き込みとかは見えず、蛍光ペンでラインひいたりなども全く見えませんでした。台本は綺麗なタイプなのかな林くん!かわいい( ;∀;)って、そんな見つつ思いつつ、耳は話に集中してたら、もうあっという間におわっちゃって…ほんと早かった…

 

声で表現する方法がいろいろあるんだなって生で見れて知ることができました。

 

高田くんは表情豊か。セリフの通りに表情作って。林くんは、声に起伏があっても、表情はそんなに変えず。すすり泣きも悲しそうな顔はしてたけど、でもそこまでの泣き顔でなくて。

よくそれであそこまで感情を出せるなって、逆に高レベルな事してるよね?ってなったわ…

振りしたり、顔作ったりしながら演じたほうが演じやすいはず…私ならそうしちゃうわ…と思いました。

 

壇上後ろにキャストごとお水のペットボトルが置いてありました。林くんのはストロー赤!

しかし林くん劇中は一切お水に口をつけることなくて。なんかなんか…かっこいい!!!!お仕事に集中している感じでした。

 

終わると、リラックスしたのか、もう口の渇きがないよいで、上前歯を方の中で舐める仕草もなくなってました。

 

しかし感想など振られても、一言くらいで返す林くん。真面目なのか…なかなかそこから話もあまり膨らまなかったかな…高田くんのほうがトーク的にはTVもやってたりするし、なんか慣れてる印象。

 

 

そういうやっぱり…な問題点分かったけど、本番中はとにかく素晴らしかった…帰ってからラジオで聞いたらもっともっとよく逆に聞こえて、ほんとよくできたお話だと思いました。

笑いあり、ただ難しい時代劇でもなく、面白おかしく。でも自分を好きになりたくて変えたくてってテーマが、みんなに当てはまるんだろうな…といろいろ考えさせられました。

 

こちらもツイしたけど、最後の挨拶で後ろで見ていた作・演出の丸尾丸一郎さんも壇上にいらして。もう目にも鮮やかなややオレンジ寄りの赤ニットで、大きな方だったし、もうインパクト大。
林担みんなきっと、わお!真っ赤だわ〜!って思ったよねw誰よりも赤担ですってアピールすごかったわ(違うw)

 

 

 本番終わり、はける際にアナウンサーの方やスタッフの方に挨拶する林くんなど貴重な姿も見れて、入れてよかった…( ;∀;)と心から思わずにはいられないくらい。

なかなか普段の舞台でそういう姿見れないから。

 

こうやって作られるのねって、番協久しぶりに入り、面白い経験をさせてもらって。林くん間近に感じれて、勝手に脳内お花畑がさらに広がりました・:*+.*1/.:+

 

 

こんなに頑張ってる林くん見れたら、またさらにもっともっと応援したい気持ちが昂まりました。

 

今回はこんなお仕事にでれたのも、やっぱり歌舞伎の三役からのアンダースタディで、そこから繋がって今回の劇ラヂになったのよね。どんどん実力・運・努力次第でこれからの道が拓けていく気がして、ほんとうに林くんには夢や希望しか見えなくて、楽しみでしかありません。どんどん外部にでて行ってほしいし、でもThey武道でのお仕事もまた楽しみだから、是非3人でのお仕事期待しちゃう。これからどーなるのか…

 

ほんとお疲れ様でした〜

 

楽しそうにお仕事する林くんが大好きです ❤️

 

 

 

 

 

*1: °ω°